FANDOM


41 情報の書き込み大歓迎!

ぜひ編集ボタン1編集ボタン2の編集ボタンをクリックして、
こちらの記事に知っている情報を書き込んで編集に参加してください。
※Wikia外からのコピペは禁止。
※記事下にある英語ページリンクの翻訳大歓迎です!
書きかけの記事について詳しくは、ヘルプ:書きかけのページについて

エドナ・ブレイスウェイトは、ダウントン・アビーで働くメイド。伯爵夫人付侍女としても働く。

1921年9月にダウントン・アビーでメイドとして働くが、トム・ブランソンとの不祥事を起こし去る。しかし、その後、伯爵夫人付侍女として雇われ、ダウントン・アビーへ戻って来る。

人柄 編集

自分勝手で、ずる賢い。トムに気があり、あの手この手で彼を誘おうとする。ついにはトムに酒を飲ませて酔わせ、彼の寝室に潜り込み、密通した。その後、妊娠していたら結婚してくれるか、とトムに懇願したが、ヒューズが彼女の荷物の中にあった、性の指南書を見つけ、ハッタリであると見抜く。それによってヒューズに解雇された。その時はトーマスから「ずるがしこい魔女の悪巧みが失敗したんだったら実に痛快だ!」と罵られていた。

経歴 編集

※書き込み募集 

登場シーズン 編集

  • シーズン3(9-10話)
  • シーズン4(1-4話)

※赤いリンクは、そのコンテンツに関する記事がまだありません。
その記事を作成して、ぜひ編集に参加してみませんか?

ヘルプ:新しい記事の作成について

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki