FANDOM


41 情報の書き込み大歓迎!

ぜひ編集ボタン1編集ボタン2の編集ボタンをクリックして、
こちらの記事に知っている情報を書き込んで編集に参加してください。
※Wikia外からのコピペは禁止。
※記事下にある英語ページリンクの翻訳大歓迎です!
書きかけの記事について詳しくは、ヘルプ:書きかけのページについて

トーマス・バローはダウントン・アビー、ロバート・クローリー(グランサム伯爵)家の第一下僕。シーズン2では、兵士として伍曹。シーズン3では、伯爵付従者。シーズン4では、副執事になっている。

ダウントン・アビーで1910年から10年間は働いている。(シーズン3の8話で明言。)

人柄 編集

※書き込み募集 参考:ロバート・クローリー

生い立ち 編集

トーマスがサラ・オブライエンジミー・ケントに語った話では、彼の父親は時計技師だった。それ故、時計には詳しく、オブライエンからは時計のエキスパートと呼ばれている。ダウントンでは下僕として10年以上働いており、ダウントン・アビー内の全ての時計を巻いている。

また、クリケットにも才能があり、1919年のクリケット試合ではダウントン家のチームに貢献した。

ボンベイにいとこが居るとベイツに述べている。

同性愛者の彼は、クローリー家がロンドンにいる際にクロウボロー公爵と関係を一度持った。

1922年に知人のフィリス・バクスターを伯爵夫人付侍女として、ダウントン・アビーに連れてくる。

登場シーズン 編集

全シーズン、全てのエピソードに登場。


※赤いリンクは、そのコンテンツに関する記事がまだありません。
その記事を作成して、ぜひ編集に参加してみませんか?

ヘルプ:新しい記事の作成について

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki